スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2月18日 天然酵母のパン教室

2014.02.20.Thu.16:29
日程さかのぼりますが、火曜日は、発酵マニアなんですわたし~と言われる
まるちゃんから、天然酵母でつくるパンを教えてもらいました。

今日のパン教室は、2部制。

まず、午前の部の参加者で、お昼に食べるパンの成形。

やわらかーいハード系パン

先生が、お味噌入りのカンパーニュとマーブルロールパンの生地を作ってきて
くれました。

こーんなに柔らかい生地でどんなふわふわのパンが焼けるかと思ったら、、
ハード系のパンは外をパリッ中をもっちり仕上げる為にやわらかいんだとか・・・

抹茶生地とのマーブルもきれいな色~

発酵の様子を確認

ベンチタイム、発酵タイムの寝かせ方、保温の仕方も、先生なりの工夫があり、
ステキ!

マーブルロールパン作り

待ち時間には、先生が育てている酵母たちを見せてもらいもらいました。

酵母いろいろ

レーズン酵母、りんご酵母、ご自分の畑で採れたミニトマトからつくった酵母、
甘酒の酵母、リンゴジュースで元気にしたビール酵母・・・

そして、そこからパンを焼くために作った元種。

元種は、酵母菌たちに、小麦粉を入れて、「君たちはこれからパンをふくらますんだよ~」
と発酵の練習をさせてあげるんだそうです。3回ほど練習させてあげて、次は、本番・・・

って話に、ジーン。 そうか、生き物だ! って(^^)

そんな話に聞き入っていると・・・

午後の部の方たち、にぎやかに登場♪親子体操を終えた3歳児とママたち。

そうねー体操して、お腹減ったね~~

にぎやかランチタイム

沢山のパンにポットラックランチ☆

午後の部の方たちも、楽しく成形&持ち帰り用のパンをこねこね。

子どもたちも粉にまみれて楽しく♪

帰宅した我が娘も、3歳女子に囲まれ慕われ、ご満悦(^◇^)
こちらはホイップル教室♪ 

ほいっぷる教室

盛りだくさんなパン教室でした。
スポンサーサイト

2月19日 ベーコン&ビーズ作り

2014.02.20.Thu.16:04
今日はベーコン作り♪
到着早々、我が息子たちが駐車場につくった雪の滑り台の残骸を
雪かきしてもらうハプニングがありましたが・・・

それぞれ仕込みを終えたお肉を持ち寄り、スモーカーにおさめる
準備。
↓こちらは先週の仕込みの様子。
今回は、みなさん初のロースハムも作ります。

仕込み

賑やかに下準備を終え、8人分約13kgのお肉がぎっしり!

ロースハム

スモーカーにお肉をおさめると、今日のお楽しみは、
桃井京子先生によるビーズの時間♪

すてきなサンプルに歓声があがります。

いろんな色のパールネックレス♪

パールクロスのネックレス♪♪

好きな色を選ぶのも、また楽しい☆ 

こっちに目がいくけど、こっちの方が合わせやすいかなー

普段選ばない色を選んでみようかなー

これからの季節はこっちかなー

どれも素敵なので迷っちゃう~

京子先生のビーズはいつもセンスよく、キラキラ♪
身に着けるだけで日常までキラキラ輝ける魔法入り~

みなさん、真剣。静かですが、背中がテンション↑↑と言っています(^◇^)

みんな真剣!

無事に完成!!と同時にお腹がグーー

差し入れも沢山で、にぎやかな食卓!

ランチ

参加者のみなさん、それぞれご活躍で、新たな出会いもあり、
ワクワクする話題もたくさん!

私は、英語教室を起業された真里先生に手相を見てもらって、、
エネルギーがあるとき・・・パートナー見つけて前進するとき・・・??
デキる真里先生に言われると、すごい納得。前進しようと決意を新たに(^^)

お腹も心も満たされ、盛りだくさん、楽しい会となりました☆
すべて差し入れの手作り♪

2月7日 かぶら寿司作り in 新村こうじ店さん

2014.02.09.Sun.08:57
新村こうじ店さんの工場にて、かぶら寿司作りの講習会を行いました。

講師は、新村こうじ店の四代目・新村義孝さんです。

新村さんの講義

かぶら寿司の由来からはじまり、
日本の漬物文化、麹などの発酵食品の良さについて、
熱く語っていただきました。

若い世代に、伝統的な日本の食の良さを伝えたい・・・という
思いが、強く伝わってきました。

途中で出てくる試食も、おいしい~
かぶら寿司や甘酒や甘酒ジャムや・・・

どれも、麹の力によって美味しく仕上がるもの♪

麹万歳!甘酒万歳!発酵食品ばんざい!!

最後に、すべて下準備をしていただいている
塩漬けされたカブ、塩サバ、甘酒ジャム、トッピングを保存容器に
漬け込みました。

かぶら寿司作り1

1週間後の仕上がりが、たのしみでなりません♪
かぶら寿司作り3

2月4日 スモーク&ビール作り

2014.02.09.Sun.08:54
この日は、親子体操の皆さんが、親子で参加してくれました。

雪の中にもかかわらず、子どもパワー全開!3歳児のパワーはすごいです!

早々にスモーカーに燻製各種をおさめたら、腹ごしらえ!

親子体操の後だったので、子どもたちもよく食べてくれました。

3歳パワーよく食べます

食後、ママたちはビールの瓶詰め作業、子どもたちは・・・

ビールとシードルの瓶詰め

我が家の長女が幼稚園から帰宅し、3歳女子に違う風を吹き込み、楽しく遊びました。

3歳女子の姉御的存在になれた、我が家の長女もご満悦☆

慌ただしく作業が続きましたが、楽しく賑やかな会になりました。

スモーク各種

新たな出会いあり、久しぶりの再会あり、県外への旅立ちあり、

それぞれにとって心に残る日であったことを願いつつ♪

1月29日 さば寿司&ぬか床作り

2014.02.09.Sun.08:30
さば寿司とぬか床作りをしました。
どちらもお初で、準備段階から、ドキドキ・・・

一番ドキドキなのはやっぱり、サバが手に入るかどうか。

結局、プリップリのマサバではなかったけど、ここ数日ではなかなか型のいい
ゴマサバが手に入りました。 この時期、脂がのっていて、ゴマサバでも十分
美味しい〆サバになります。

頭と内臓は、私の方で出しておきましたが、
みんなで三枚におろすところからやってみました。

日頃、使い込んだ包丁を砥石で研いでからされる方も(*^▽^*)

さばをサバく

丁寧に骨抜きで小骨をとって、まずは、塩に漬け込みます。

塩に漬けている間は、


ぬか床をつくりました。

ぬか床

もともとこれがメイン?
朝ドラのめ以子効果で、今、主婦の間でぬか漬けがブームだとか??


氷見のこだわり農家・廣さんのお米を精米して出た糠を使ったので、
たぶん、美味しい糠床ができるはず!

干し椎茸や昆布、唐辛子のほかに、自前のビール酵母も入れて
よーく混ぜ混ぜ。

しばらくは、いらないお野菜を漬けて、朝晩かき混ぜて発酵を促します。

寒い時期でもあるので、発酵がどこまで進むか微妙ですが、
うまくいけば、10日ぐらいで、乳酸菌たっぷりの美味しいぬか漬けが
漬けられる状態になります。

ぬか床は、毎日の手入れが勝負。毎日いかにかわいがってあげるかで、
長い年月、美味しいぬか漬けを楽しむことができます。

みんなの糠床、末永くかわいがって頂けますように・・・。

そうこうしているうちに、そろそろお昼♪

しかし、お昼の前に、もう一仕事。

先ほど塩漬けしておいた鯖の塩を落とし、酢で〆ておきます。

〆ている間に、お昼を頂きました。

皆さん、おっぱいママたち。
授乳しながら日々頑張っておられるママたちに
ほっこりして頂ける おっぱいランチをご用意しました。

食後に、まきすで〆鯖をさば寿司に。

さば寿司完成!

意外に少ない工程、いい鯖を見つけたら、お家でもぜひやってみてほしいです♪




1月31日 おもちつき&鹿肉パーティー

2014.02.01.Sat.08:18
旧歴のお正月に合わせて、餅つきの会を開催しました。

もともと
「小さな子とママだけで、お餅つきってできるかなぁ?」
「だいじょうぶ だいじょうぶ!少々粒が残ってても、美味しいから♪」

という会話のもとに開催が決まったこの会でしたが、、

今回活躍してくれたのは
氷見でこだわり農業をしておられる廣さんと返し手マスターBUNさんでした。

ぺったんこーー

お餅つきといえば、ぺったんこーぺったんこーと、搗く様子を思い浮かべますが、
最初に臼の中でよーく米粒をつぶす作業、これが重要で、力がいる工程なようです。

だいたいのお米がつぶれたところで、ようやくぺったんこーーーがはじまります。

杵をおろすのもコツがいる。

そして、返し手もなかなか難しい。手を叩かれないようにリズムよく、中に
折り込むように返していきます。熱いです。なかなか力がいります。。

BUT、返し手マスターのBUNさん、うまい!! 町内会の行事で慣れておられるこの手つきは、
廣さんの杵と いいリズム♪

搗くのは、全部で6升

五分づきのおもち
  うち半分はよもぎ入り

古代米入りおもち

玄米もち

中ではあんこやきな粉をつけて丸める作業。ママとかわいいお手てで丸めてくれます。

丸めて丸めて

今回のあんこは廣さんが作られた小豆で作ってきてくれました。

きなこも丹精こめて作られた大豆を七輪で煎って挽きました。

持ち寄りのお野菜と自家製の白味噌で雑煮をつくり、

おせちっぽく重箱に詰めたおかず、

DSC_0323.jpg

白うさぎちゃんが思った以上に喜んでもらえてよかった♪

しろうさぎ

で、今回のスペシャル企画!!岡山の野生鹿!! 

脚を一本まるごとワイルドにあぶり焼きしました。

鹿焼き


『ギャートルズ焼き』に魅かれて参加された方も!

これがやりたかった!!というのを実現できて大満足!!

ナイフでけずって☆


楽しく美味しく賑やかに 新月、旧正月の集いでした♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。